フィリピン留学
今すぐ資料請求

プレミア・アイランドキャンパス「フィリピン留学・セブ島留学の現地情報」ブログ

Happy New Year!! 2019年の抱負と年末年始の過ごし方!

  • 2019.01.04 Friday
  • 17:44

ブログがこちらに移転しました→→→→→
https://www.ryugaku-webdirect.com/blog/philippines/


Happy New Year!!

 

こんにちわ、Yutaroです。

 

2018年もあっという間に過ぎていき、2020年東京オリンピックまであと1年です!

オリンピックに合わせて英語を勉強するなら今年2019年が最後のチャンスになります。

 

オリンピックの影響で海外からたくさんの人が日本に観光に来ます。

英語をペラペラ話せる人がほとんどいないのが日本の現状ですが、

外国人は日本人を含めどの国の人も英語を喋れると思っているので誰も日本語を話しません。

 

接客業、特にホテル業界で英語を喋れる日本人は確実に必要になってきますし、

道を歩いている時に英語で道を聞かれることもかなり多くなると思います。

 

なので、

今まで留学したかったけどなかなかチャンスがなかった方は今年こそ挑戦の年だと思います。

 

2020年のオリンピックで”英語が喋れたらもっと楽しかったのに”とならない様に、

2019年はアイランドキャンパスでバカンスを楽しみながら英語を勉強しましょう!

 

 

さて、話は変わりますが、

去年の年越しは近くのJ-park近くの桟橋で花火を見ながら2019年を向かえました。

 

 

上の写真はJ-Parkホテルが年末に打ち上げる花火で、

それだけを観にJ-Parkまで行く人も多いみたいです。

 

ただ、僕はホテル横の路地を入った先にアイランドホッピングで使う船等が止まっている

桟橋がありそこで見ることにしました。

ここではJ-Parkの花火だけでなくクリムゾンホテルなど5星ホテルが打ち上げる花火が

全て観ることができ、隠れスポットでおススメの場所です。

 

 

フィリピンでは当たり前のようですが、

12月31日は町中で外にイベントで使うようなスピーカーで深夜に爆音の音楽を流したり、

子供が爆竹で遊んでいたりと日本とは全く違った雰囲気です。

 

花火を見た桟橋でも子供達が日本では資格がないと上げられないレベルの打ち上げ花火や

大砲のような音がする爆竹で年を越した後も遊んでいて、なかなか桟橋を渡って帰れず

3時近くまでその様子を見ていました。

 

大晦日なのでいいかなと思って観てましたが、怪我人がでてもおかしくないくらい

近距離で爆弾のような花火で遊んでいるのとたまに流れ花火がこっちに飛んでくるので、

来年、フィリピンで年越しを向かえる予定の方は巻き込まれないように気をつけてください。

 

あと、ゴミをポイポイ海に捨てていて、そこだけ新年から嫌な気持ちになってしましましたが、

オーストラリアや普段日本で向かえる年越しとはかけ離れたもので新鮮で楽しかったです。

 

 

元旦の1月1日は近くのビーチMactan New Townに行ってきました。

 

お正月休みなので人がかなり多く、入場チケットを買うだけで30分ほど待たされてしまいましたが、

新年最初の日にビーチに行けて僕は幸せでした。

 

おせちやコタツでみかん、初詣、一日中やっているお笑い番組などはありませんが、

フィリピンらしい年越しが出来て僕は良かったです。

 

 

僕個人のことですが、

去年はほぼ丸1年アイランドキャンパスでスタッフとしてお世話になり、

数え切れないほどの生徒さんや先生との出会い、経験を通してまた1つ成長できた

良い年となりました。

 

英語の面でも自分で想像していた以上の成長を感じることができ、

目標としているIELTSでも良い点数が取れるのではないかと思っています。

ただ、まだ時間はありますし、まだまだやることはたくさんあるので

ここから気を緩ませずにやるべき事をやっていきたいです。

 

また、今年はすでにたくさんの去年お世話になった生徒さんが戻ってくる予定が

入っています!前回同様に今回も満足した留学生活が送れるようにサポートの方も

しっかり出来ていけたらと思っています。

 

それでは、今年もよろしくお願いします!

 

 

================================

プレミア・アイランドキャンパスまるわかりガイドはコチラから!
https://www.ryugaku-webdirect.com/lp/premier.html

================================

 

 

 


コメント
コメントする