フィリピン留学
今すぐ資料請求

プレミア・アイランドキャンパス「フィリピン留学・セブ島留学の現地情報」ブログ

英語を喋る機会を作ろう!!

  • 2018.04.20 Friday
  • 23:04

こんにちわ、Yutaroです。

 

英語は世界共通語として多くの国で話されており、

TOEFL,IELTS,TOIECといった英語力を測るテストが世界中で行われています。

 

テストの内容としてはReading, Writing, Listening, Speakingが主になります。

日本人は文法をよく勉強しているのでReadingやWritingは得意だと言われていますが、

Speakingに関しては世界的に見てもかなり低いレベルだと思います。

 

僕自身、過去にセブ留学やワーホリ、バックパッカーなどをし、世界中でたくさんの

日本人に合ってきましたが、上手く英語を喋れていたと思う人はとても少なかったです。

 

日本人はシャイだとよく言われるのも、失敗することを恐れて発言できなくなってしまう事が

多いからだと思います。日本人以外にもいろんな国の人と交流を持って来ましたが、共通して言えることは

よく喋る人ほど英語力も高いということです。

 

なので単純にもっと喋る機会を増やせばいいのですが、日本人として産まれてきた以上

今さら人見知りするなといわれても難しいと思うので、僕が実際にやってきたことを

紹介したいと思います。

 

一番簡単で効果的なのはやっぱりお酒ですね。

 

 

セブに英語初心者で留学に来たときもそうだったのですが、始めてオーストラリアで仕事を

始めた時に、ある程度英語に自信があったのに英語ネイティブに囲まれた途端

パニックになり何も喋れなくなる事を自覚しました。それで、何か特別なことをやらなければと思い、

毎週水、金、土曜日はどんな理由があってもバーやクラブに行き、

お酒の力を借りてとにかく色んな人と喋るということを自分への義務にし、実際に半年間近くやっていました。

 

毎週日本円で3万円近くお酒代がかかってましたが、ネイティブが使う表現やスラングなどテキストでは

教えてくれないことを学ぶことができ、何より日本人が苦手なLsteningとSpeakingは

飛躍的に伸びたと思います。

 

お酒以外だとその国で流行っているスポーツを一緒にプレイしたり、釣り、映画、スノーボードなど

趣味をたくさん持つようにし、会話に繋がるように心がけていました。

 

実際に学校の授業から飛び出して話してみたりすることで自信に繋がったり、

色んな表現を覚えるきっかけになると思うので、学校の授業だけに満足せず

どんどん英語を喋るようにしましょう。

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

     

検索

others

QRコード

qrcode